Baccarat 250th

2014nov6786
(画像クリックで拡大表示)

 
1764年の設立から250年が経って催された、Baccarat 250th展。

プティ・パレでの展示で、
最後に設えられた部屋には椅子が置かれていて
ランダムに灯るシャンデリアを心ゆくまで見ていられた。

その温かみに引き寄せられながらも、
これは人が手仕事で造ったものなのだと気づく。

ときどき思い出す、この部屋のこと。
そして、20才代の頃から集めて来たバカラのグラスのこと。

その意味がようやく分かる年齢になった。

フランスは美しく強く、そして温かい。
 

 

 

 

 

水鳥

France2014July_4569

(画像クリックで拡大表示)

 
フランス、ロワール地方に滞在した2014年の夏。
Loches というコミューンの家に一週間。

夕方になって散歩に出ようと、カメラも持たずに出掛けた。
帰ってしばらくして、もう一度カメラを持って行く?と聞かれて
ブルゾンを羽織って出掛けた、森のなかの池。

手前の蓮を撮ったシャッター音に驚いた水鳥が、
慌てて目の前を横切った。

忘れられない、日暮れの一瞬。
森のなかは、いのちに満ちている。

 

 

 

 

 

 

Fido のこと

fido_1

fido_2

(画像クリックで拡大表示)

 

Fidoは、羊の群れを纏める役目の牧羊犬。

10才になる彼は、
ふだんは右足を引きずるようにゆっくり歩く。

飼い主のジャン・フランソワと仕事をする時間になると
その瞳はきらきらと輝きを持って
飼い主のために仕事をする歓びに溢れ生命力が漲る。

少しでも羊が群れから放れようとすると
見るものを圧倒する速さで牧場を駆け抜け
その姿は感動するほどの美しさを持つ。

人と犬は、ずっと昔から一緒に働いて来たこと、
犬の本能と力を活かす仕事はなんて素晴らしいのかと心から思う。